高崎市の小学生・中学生の個別指導学習塾“完全個別悠学習教室”のブログ こんどこそ!

プロフィール
完全個別悠学習教室
完全個別悠学習教室
TEL 027-327-3556
高崎市江木町445-3

お電話でのお問い合せは10時〜15時までの間にお願いいたします。

20数年前、一斉指導の学習塾全盛の時代に開塾。母親が自分の子供一人一人を大切にみるように、一人一人の生徒に合ったやりかたで個別に指導する “完全個別指導の塾”としてスタートしました。
今は個別指導の塾は珍しくなくなりましたね。
当教室には20年以上の経験があります。長い時間をかけて培ってきたノウハウでご支持を戴いています。

nobasu
大きな地図で見る
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
オーナーへメッセージ

2011年10月05日

分からないことを自分で考え解決する力



須川陽平さん


中学受験のとき、第一志望である群馬高専に入ることができたのは、悠学習教室で勉強させてもらえたおかげだと思っています。ですが、それ以上にこの塾に入れて良かったと強く感じることがあります。それは高専での難しい勉強を自分一人で努力し、学んでいく力を悠学習教室で身につけることができたということです。
高専は授業の進み方・内容が普通高校と違い(高校三年までに既に大学の内容に着手することなどから)一般的な塾には通うことができませんでした。すると、今まで、大人数に対し授業形式をとり、クラスで分けで成績の優劣をつける進学塾に通っていた生徒は、中学の時には成績が優れていたのに、高専に入学してから、「わからないことを自分自身で解決する力」が身に付いていないので、成績が落ち込み、留年してしまうことがよくあります。実際、自分のクラス(学科)では10名ほどの友人が留年していきました(入学時42名のうち約10名が留年)。その中には前期試験(中学時の成績のみで入学審査行う試験)で高専に合格した人もいました。

中学の段階で「わからないことを自分自身で解決する力」を身につけることが、いかに重要なのかを実感しました。
自分は高専の前期試験に落ちていますし、秀才・天才ではないので、たった一つの数式がわからなくて何時間も悩むことが何度もありました。しかし、それこそがこの塾で身につけることができた最大の力だったのだろうと、今はとても感謝しています。

編入の受験勉強もとても大変でした。なにしろ情報が本当に少なかったです。
高校の範囲はもちろん大学の学習内容も受験範囲です。受験範囲もはっきりしていないので、どの分野が出題されてもおかしくありませんでした。筑波大学では高専で習わないことまでも出題範囲でした。
学校の授業が夕方に終わり、それから研究室で夜遅くまで勉強し、日にちをまたぐこともありました。平日には6~8時間、休日は9~12時間をノルマに勉強しました。それができたのも、中学生の時に努力したおかげなんだと何度も感じます。

最近までは、学生家庭教師として働いたこともあります。
中学生に指導していましたがやはり先生というものは難しく、自主学習が大切だということを伝えたいのですが、それを理解してもらうことはなかなか難しかったです。頭ごなしに勉強しろというのは良くないですし反発されるだけで、かといって放っておいても良い道には進みません。それよりも、今やっておかないとこの先に苦労するということを実体験から伝えることが大切なんだと思いました。
それでも、中学生に伝わってもらえるかはわかりませんが・・・。


将来の夢なんてまだわかりませんが、これから筑波大学に編入した後、さらに飛躍できるよう努力します。


同じカテゴリー(卒塾生の声)の記事画像
合格体験記Aさん 30年度本庄第一高校S特待合格
Aさんのお母様より
勉強と部活の両立を果たして 群馬高専推薦合格
自分を高めるための塾
自分に合う勉強法を教えられた
同じカテゴリー(卒塾生の声)の記事
 合格体験記Aさん 30年度本庄第一高校S特待合格 (2018-04-13 00:00)
 Aさんのお母様より (2016-03-03 12:17)
 勉強と部活の両立を果たして 群馬高専推薦合格 (2013-03-20 00:00)
 自分を高めるための塾 (2011-09-30 00:00)
 自分に合う勉強法を教えられた (2011-09-29 00:00)
 卒塾生の声 (2010-01-01 10:00)

Posted by 完全個別悠学習教室 at 00:00│Comments(0)卒塾生の声
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
分からないことを自分で考え解決する力
    コメント(0)